睡眠と衣服の関係


皆さんは布団に入るときの服装をどうしていますか?パジャマ派、スエット派、Tシャツ派、中には下着だけで寝る、裸で寝るという方もいるようですね。

心地よい眠りを得るためには、寝るときの服で気をつけなければならない点がいくつかあります。

温度調節

衣服の大事な目的は、季節や天候による暑い寒いを調整し、ちょうどよい感覚で過ごすことです。

もちろん感覚の問題だけでなく、冷えすぎれば風邪をひきますし、暑すぎれば熱中症になります。健康管理という点でも温度の調整は重要です。

ですが皆さんはどれくらいこまめに寝具や寝間着を調節していますか?もちろん洗い替えや衣替えの都合もあるでしょうが、季節の変わり目は一日一日の温度変化も大きく、体感温度も急激に上下します。

季節ごとに連続でゆっくりと暖かくなっていく(もしくは寒くなっていく)イメージで「そろそろ暖かいパジャマに」「そろそろタオルケットだけに」と増やしていく(減らしていく)家庭が多いと思います。

ですが不眠症や睡眠の悩みをもっている方は、思い切って一晩一晩細かく気温や湿度に合わせて寝具と寝るときの衣服を取り替えてみてください。

自分でも気づかないうちに、ほんの少し無意識に我慢していた部分の力が抜け、眠りが深くなることが多いようですよ。

汗を吸収する

温度管理と並行して、自分の汗を吸ってくれる、吸い取った水分を放出してくれる機能は、寝るときの服にとって重要な役目です。

一つは服の素材。

スエットという名前からもわかるように汗を吸収することは得意そうなスエットですが、最近では外出着用に表面はそれほど吸わない、水分を放出しない加工のものが多いようです。

パジャマも吸水性の高いものが多く、また乾きやすいようですが、薄手のものが多いため汗が多い人、気温が高い場合などにはパジャマが吸いきれずビショビショになってしまうこともあります。

下着のみや裸で寝る方は、開放感は素晴らしいのですが、夜間にかいた汗はほとんどが流れ落ちシーツに吸い取られます。多いときには夜尿と間違ってしまうほどです。

もう一つは洗い替えの頻度。

寝間着や寝具はどれくらいで洗っていますか?きちんと乾燥させていますか?

寝具の洗濯、干し方については別の機会にしますが、パジャマや寝間着を洗うことは非常に重要です。

本当は毎日洗うのが理想ですが、天気や乾燥のスケジュール、洗い替えの用意の問題から数日に一度という方も多いでしょう。

スエットや普段着で寝る方だと、かなり長期間着てしまったり、また寝る以外の時間にも連続して着ていることが多いため汗がかなり吸われた状態です。

水分を吸った不快感だけでなく、長期間使えばそれだけ雑菌も増え、衛生上の問題や匂いの問題が出てきます。

こまめに洗えないのであれば、思い切ってたくさん替えを用意してください。少なくとも「眠ろうとする時点で不快」なようでは快適な眠りを手に入れることは無理でしょう。

安心感と開放感

体にまとっているものを全て取り払うのは気持ちの良いものですが、まさか外や他人の前でやるわけにはいきません。

ですが夜眠るときであれば、あまり文句を言われる機会もありません。自分にとってリラックスできる、安眠できるのであれば下着や裸で眠るのも拘束感を感じずに気持ちが楽になるようです。

そして下着派、裸派の方々の開放感の反対が「包み込まれる安心感」です。

あまり良くない例ですが、クーラーをつけて毛布にくるまって気持ちよかった経験はありますか?温度調整の面だけでなく「何かに包まれている」感覚はリラックスして安心するものです。

夏場は上はTシャツ、下は短パン(半ズボン)で眠る方も多いでしょう。ですが、それ以外の季節では長袖長ズボン(もしくは長いワンピース)を試してみてはどうですか?

動きやすさ

起きているときに運動するわけでもないのに動きやすさが寝間着の重要な要素なのは何故でしょうか?

人は眠っている間にも、無意識に姿勢を変えたり寝返りをうったり、かなりの運動量をこなしています。

逆に起きているときであれば多少動きづらい服でも我慢して着ることができますが、寝ているときには(本人が覚えていないだけで)動きづらい思いをする度にイライラと不快感が眠りを浅くし、快適な睡眠を遠ざけてしまいます。

とくに四肢のつけ根(肩、脇、股、お尻)がキツイと、眠りに入るまでに気になってしまい、入眠障害になることもあります。

かといってユルユルダボダボの服だと巻き込んでしまったり絡んでしまったり気になる方も多いようです。(旅館の浴衣で眠るのが苦手な人も多いでしょう)

自分にあった眠りやすい服を「運動しやすい服」と同じような視点で選んでみてください。きっと眠りの質が向上します。

睡眠専用ユニフォーム

仕事で制服を着用される方は「眠る間くらい自由な服を着たい」と思われるかもしれませんが、制服というのは別の意味では心を切り替えてくれるものです。

今まで挙げたポイントさえ踏まえていればパジャマでも浴衣でもネグリジェでもスエットでもかまいません。何か一つ自分のお気に入りのスタイルを選んでください。

そしてそれを睡眠専用の服として固定してみてください。寝る前に、その服に着替えるだけで「さぁ今から寝るんだ」と気持ちが切り替わることでしょう。

本来はパジャマもネグリジェも、寝る専用の服として開発され改良され続けている服です。昔からの「よく眠れる知恵」が詰まっています。日常の生活で「○○専用の服」を使うなんて素敵じゃないですか。

じっくりと寝間着を選んだら、最後は眠るための儀式の服として使いましょう。

「この服に着替えたら眠る以外のことはしない」

人生の三分の一は布団の中。その時間を過ごすための服は、外に出かける服以上にこだわりを持ってみてはどうでしょうか?

Comments are closed.

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.