寒い冬にグッスリ眠り精神的な不調を防ぐ

就寝時には暖かいことがいいのですが、これが一晩中だと逆に寝苦しくなり中途覚醒や熟眠感の不足につながってしまいます。電気毛布や電気敷布、電気あんかなど暖房寝具の利用は気をつけて、できれば就寝時間までに布団を温めておいて布団に入る時にスイッチを切るようにすることをお勧めします。 […]

早朝覚醒の原因と対策

朝早く目覚めすぎることが続くのを早朝覚醒と呼びます。早朝覚醒には二つのパターンがあり、老人性早朝覚醒と「うつ病」の症状として現れます。 […]

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠中に呼吸が停止したり、低呼吸になる状態が繰り返される病気を睡眠時無呼吸症候群といい、首の周りの脂肪、肥満、扁桃の肥大、アデノイド、舌根沈下(舌が喉の奥に落ち込んでしまう)、舌が大きい、鼻中隔湾曲症(鼻が曲がっている)、小顎症などの直接的な原因が知られています […]

どれくらい眠れませんか?

ストレッチや深呼吸で眠る準備をしたり、寝室の環境や寝具(枕、マット、パジャマ)に気をつかったり、アロマや音楽などリラックスする方法を試したり、色々な方法で眠りの質を上げていきましょう。 […]

不眠症とコーヒー

あくまでカフェインを控えるのはリラックスするため。嗜好品としての側面を全否定して「眠れないならコーヒーを飲むな」では窮屈で余計に眠れなくなる場合もあります。眠りに繋がるのなら無理をして我慢する必要はありません。 […]

不眠症治療剤「ロゼレム錠」発売情報

従来の不眠症治療剤とは作用機序が異なるメラトニン受容体作動薬であり、脳内で睡眠・覚醒のサイクルを司り、「体内時計」とも言われる視交叉上核に存在するMT1/MT2受容体に特異的に作用することで、睡眠覚醒リズムを調節し、自然な睡眠をもたらします。 […]

入眠障害の原因と対策

コーヒーやアルコールを控えたり、就寝前のネットやテレビを制限したりする方法もありますが、そのこと自体がストレスになってしまえば逆効果です。できるだけ緊張感や不安感を軽減して気持ちを楽に保つことが重要になります。 […]

スイス研究チーム睡眠障害ナルコレプシーの誘因究明

研究データでは今まで原因不明の代謝異常だった部分のさらにもう一歩踏み込んだ要因にまで踏み込んでいます。免疫系のシステムが解明されることで他の睡眠障害等の全容解明につながることも […]

眠りとは

眠りの質と量のバランスが崩れたものが睡眠障害です。克服するためには眠りを詳しく見ていきましょう。横になっているだけが眠りではありません。 […]

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.