花粉症の薬で睡眠リズムを崩さないために

春眠暁を覚えず。布団の中も過ごしやすい時期になりました。 今回は「花粉症の薬で睡眠リズムを崩さないために」です。

眠くならない自分にあった花粉症を探す

春の花粉症で症状が辛くて投薬、その副作用で生活リズムが崩れて昼夜逆転や中途覚醒が起こる方がいます。

最近では医療機関の処方では以前からあった「眠くならない」という花粉症の薬が市販されるようになりました。アレジオン10(エスエス製薬)やアレギサール鼻炎(田辺三菱製薬)など各社から様々なラインナップが販売されています。

寒い冬にグッスリ眠り精神的な不調を防ぐ

就寝時には暖かいことがいいのですが、これが一晩中だと逆に寝苦しくなり中途覚醒や熟眠感の不足につながってしまいます。電気毛布や電気敷布、電気あんかなど暖房寝具の利用は気をつけて、できれば就寝時間までに布団を温めておいて布団に入る時にスイッチを切るようにすることをお勧めします。 […]

季節感と不眠症、うつ病

対策のポイントは明るくする、暖かくする、満腹にすることです。動物は秋から冬に冬眠の準備として栄養を蓄え活動が低下していきますが、人間は冬眠せずに少し無理をして活動しているわけです。 […]

早朝覚醒の原因と対策

朝早く目覚めすぎることが続くのを早朝覚醒と呼びます。早朝覚醒には二つのパターンがあり、老人性早朝覚醒と「うつ病」の症状として現れます。 […]

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠中に呼吸が停止したり、低呼吸になる状態が繰り返される病気を睡眠時無呼吸症候群といい、首の周りの脂肪、肥満、扁桃の肥大、アデノイド、舌根沈下(舌が喉の奥に落ち込んでしまう)、舌が大きい、鼻中隔湾曲症(鼻が曲がっている)、小顎症などの直接的な原因が知られています […]

周期性四肢運動障害

PLMDは周期的に睡眠時に現れる手足の運動によって睡眠が妨げられて、中途覚醒や熟睡感の不足から不眠症、睡眠パターンの障害、昼間の強い眠気などを伴う状態で、睡眠時ミオクローヌス症候群とも呼ばれています。 […]

中途覚醒の原因と対策

眠ることは出来るのに、何故か毎晩のように目が覚めてしまう、その後眠れずに朝を迎えてしまう。原因としてはアルコール、ストレスや悩みの精神的なもの、病気や他の障害の三種類が知られています。 […]

熟眠障害の原因と対策

中途覚醒以外で朝まで寝ているはずなのに熟睡、安眠できないという場合には、心理的ストレスや不安感が原因の他の睡眠障害と違って、生活環境や寝具が直接影響していることが多いものです。 […]

睡眠障害の種類

良い睡眠は、どの人も似通っていますが、悪い睡眠は人によって千差万別です。自分で対策を考えたり、病院受診を考える時には、まず「自分がどのパターンなのか」をしっかりと把握してみましょう。 […]

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.