多動症発生の仕組み解明

群馬大学のチームがCIN85ノックアウトマウスを作成して、総移動量,移動速度,折り返し数,新規環境探索度等の行動解析を行って、有意に他動表現が見られる結果を出していました。その中でもドーパミン受容体の抑制の異常についての結果だと思われます。CIN85の調整機能が欠損することで神経伝達物質受容体のエンドサイトーシスが低下し、他動に結びつくようですね。 […]

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.