眠りが浅くならないためのドリンク、飲み物

夜中に何度も目が覚めてしまう。長時間寝たはずなのに満足感がない。せっかく体と心を休めるための睡眠時間。自分の眠りの質が悪いと残念ですよね。

寝る前に水分を摂り過ぎれば何度もトイレに行きたくなります。朝まで行かずにすんだとしても、結局は心の奥でトイレを我慢していたり、気にしていたり、眠りは深くなりません。

コーヒーやお茶などでカフェインを多く取れば興奮状態が続きます。何倍も飲んでしまうことが多く、眠りが深くなりません。

また寝付きを良くするための寝酒としてアルコールを取ることもあるでしょう。アルコールの利尿作用でトイレが近くなり、結局は眠りが浅くなってしまいます。

冷たすぎる飲み物、熱すぎる飲み物なども胃腸に負担がかかり、体が興奮状態になることになります。

ですが、水分摂取は体にとっても大事なこと。夕食などから何も飲まないと、朝まで長時間を水分無しで過ごすことになります。寝る前の水分摂取は気を使います。

一番簡単なのは水です。温度がちょうどいい湯冷まし、白湯などがベストですが、そこまで気を使わなくても常温に近い水なら負担も少ないでしょう。水道水でも問題無いですが、気になる方は浄水器やミネラルウォーターで。

カフェインが入っていないハーブティーなどもよいでしょう。熱すぎないように。あまりスッキリ、スーッとするタイプのハーブティーは人によっては寝付きが悪くなります。様々な種類があるので自分の好みでどうぞ。最近はやりの「ハーブ入りティー」はハーブ成分が入った紅茶なのでカフェインを含みます。ご注意を。

昔ながらの定番でホットミルクに蜂蜜を入れるのも良いですね。特に冬場などは寝付きが良くなります。ですがカロリーが気になる人も多いでしょう。虫歯にならないように歯磨きを忘れずに。

 

旅行中の睡眠のコツ(洋風ホテル編)

今回は旅行中のホテルでの睡眠がテーマです。旅行や出張でホテルに宿泊し、明日のために少しでも長く眠りたいのに眠れない、そんなことが多いですよね。ビジネスホテルなどでの快適な眠りのためのポイントを纏めました。

秋の季節の睡眠の注意点

生活リズムと秋の日照時間

暑い夏が終わって涼しい過ごしやすい季節になって、睡眠は適度にとれているでしょうか?不眠症で悩む人も一時的に状況が改善して久しぶりに満足する眠りを味わえることが多い季節です。

ですが意外なことに秋から冬にかけて注意したいのは不眠よりもむしろ「過眠」なのです。動物が冬眠を求めるように、日照時間が短くなり身体は常に眠気を感じて鬱状態、過食へと向かっていきます。

気温も下がり外に出てアクティブに活動する機会も減り、日暮れも早くなりなんとなく薄暗い景色を眺めることになり、気分も落ち込みがちになります。

何よりも大事なのは「秋とはそういう季節だ」ときちんと頭で理解して納得することです。無自覚に秋のムード、気候、肌寒さに流されていくと心身の調子を崩してしまいます。

秋に眠りやすい衣服と寝具

秋の季節変化は不親切で、なかなか「徐々に涼しく寒くなる」とはなってくれません。台風や雨、木枯らしなどによって「残暑の真夏日」と「真冬並みの寒さ」に大きく変化しながらジグザグに気温が下がっていきます。

この季節の寝具や衣類のポイントは、その場その場で微調整できることが必要です。実際の気温だけでなく、当日の天気や前日との気候差によって感じる体感温度は違います。こまめに調節して快適に過ごせるようにしましょう。

外出用の衣類であれば上着の着脱だけでなく男性ならベスト、女性ならストールやひざ掛けなどを用意して調整しましょう。室内で過ごす場合でも空調だけでなく半袖、長袖の切り替え、重ね着などで調整しましょう。

睡眠時の寝具も同様です。タオルケットから厚手の布団まで、夜間の気温によってプラス一枚をすぐに調整できるよう布団を用意しておきましょう。睡眠時の衣類も同様です。この一手間をかけることが少ない時間での満足できる睡眠を生み出します。

秋の憂鬱な気分の解消方法

秋の季節の変化に上手についていけないと、冬季うつ病や睡眠障害、季節性感情障害の可能にも注意したほうが良いでしょう。

眠気が取れず食欲が止まらない、メランコリーな気分で何もする気が起きなくなる。秋の風物詩のような話ですが生活に支障が出る程に悪化すれば大問題です。心のバランスに気をつけて鬱な状態にならないように。

生活リズムを保って健康的な暮らしをすることが大事ですが、何よりも大切なのが陽の光を十分に浴びることです。室内の蛍光灯やランプの明かりでは照度が不十分です。(冬季うつ病の治療には専用の高照度の光照射装置を使用します)朝はきちんとカーテンを開け、できるだけ午前中には外に出るようにしましょう。

また秋はついつい食べ過ぎてしまう季節ですが、その過食の大部分はご飯やパン、お菓子やお芋などの炭水化物が中心になりがちです。セロトニンを増やして心身の健康を保つために肉、魚、大豆などのタンパク質と吸収のためのビタミンも忘れずに取るようにしてください。

通常のストレス解消も忘れずに。芸術の秋、スポーツの秋、読書の秋です。上手に気分転換を取り入れることで近づく冬に備えていきましょう。

暑い真夏に快適に眠る方法

梅雨が終わって秋が深まるまで、寝苦しい真夏がやってきます。 睡眠の質も下がり、時間も不規則になる季節を快適に過ごしたいですね。 今回は「暑い真夏の夜を快適に過ごす方法」です。

不眠症対策の枕の選び方

枕を選ぶチェックポイントとは?

寝具売り場で枕を選ぶ時に注意するポイントはたくさんあります。

枕の高さが高いか低いか 枕の柔らかさが固いか柔らかいか 枕の形(くぼみ、勾配、でっぱり) 枕の広さ(奥行きと幅) 枕の本体の材質(綿、スポンジ、そば殻等) 枕の表面の生地(枕カバー)

一つの売り場にはそれほどバリエーションがないかもしれません。ですが人生の三分の一は布団の中。できるだけ多くの中から自分にあった最高の寝具を手に入れたいところです。

あなたの側のチェックポイントは?

万人にとっての最高の枕はありません。一人一人の体格、骨格、体調、好みによって、それぞれの人にあった枕が決まってきます。 他の人から「このマクラ、最高だったよ」と薦められても参考意見にしかできないのが難しいところです。

仰向けで寝るか、横向きで寝るか 寝相は良いか、よく動くか 後頭部の形は平らか丸みがあるか 痩せているか太っているか 汗かきかどうか イビキをかくかどうか 腰痛や肩こりなどの持病がないか

自分の睡眠パターンを振り返ってイメージをハッキリさせておきましょう。

枕の高さと形状、首の角度

真っ平らなマクラ、手前(もしくは奥)が高くなっているマクラ、ドーナツ状に中心部がくぼんでいるマクラなどがあります。

高さや形については好みもあるでしょうが

寝ている間の呼吸がしやすいか 姿勢が安定してリラックスできるか 肩の筋肉や首に負担がかからないか

この三点を中心に考えてください。

枕自体が高すぎる、奥が高くなりすぎている枕は、首の骨(頚椎)が圧迫されたり、肩の筋肉に負担がかかってしまい首の痛みや肩こりを誘発してしまいます。

枕が低い、中心部がくぼみすぎている枕では、マクラをしている意味があまりありません。眠りが浅くなり何度も目をさましてしまいます。頸骨の自然なカーブも阻害され、長期的には健康に影響が出るかもしれません。

低反発などでおなじみの手前が少し高くなっているマクラも、あまり角度がつきすぎるとアゴを突き出す姿勢になってしまい呼吸が苦しくなります。(特に太り気味の人は要注意です)

枕の材質と硬さ柔らかさ

枕の中身には様々な材質があります。中の材質によって硬さと通気性が左右されますが、全ての利点を兼ね備えた素材は無いために一長一短の中から選ぶことになります。

低反発ウレタン枕は形状も様々に加工でき、頸椎を安定させる意味では間違いなくナンバーワンです。残念ながら通気性はあまり良くなく、夏には不快な思いをすることもあります。

パイプ枕やビーズ枕などの人口素材は通気性も良く軽くて衛生的なのですが、使用時には中身が潰れて姿勢が安定しません。

昔ながらのそば殻枕や竹炭の枕は通気性も良く、姿勢もある程度は維持できるのですが、天然素材であるため中身が崩れやすく寿命が長くありません。また衛生的に使うにはメンテナンスの手間がかかります。

他のクッション素材、綿の中身の枕は中身が偏りやすく潰れやすいため安眠の観点からはお奨めできません。ただ昔ながらの柔らかさや感触が好きという方、グッスリ眠れている方は問題なく使えます。

トルマリンやお茶の実などの素材も注目されていますが、高価だったり入手しにくかったりで悩ましいところです。

枕選びのアレコレ

ずっと横を向いて寝ることが多い方は枕の高さが高い可能性があります。少し低い、もしくは角度のない枕を試してみては。

熱がこもる、頭が寒い方は夏と冬で枕の素材を変えてみるのも良いかも。枕カバーを複数要して使い分けるのもよいでしょう。

太り気味ですとイビキが多くなります。これが酷くなると睡眠時無呼吸症候群の危険性がでてきます。枕の高さを下げることを考えてください。もちろんダイエットも忘れずに。

横向きと仰向けを交互に繰り返す就寝スタイルの方は、思い切って幅の広い枕を使ってみるのがお奨めです。最近の枕は(特に低反発のものは)姿勢をホールドすることを前提に作られていますので幅が狭いものが多いのです。 首の向きを変える度に枕からはみ出し、その度に姿勢や身体の位置を無意識に修正するのがクセになっていると、なかなか熟睡感が得られません。

不眠症と枕の変更

眠れないことが多く枕を変えてみようと思った時には、自分の不満点から変える方向を感が得ると良いでしょう。

肩こりや首の痛みで何度も起きる方は枕の高さを下げる方向で。

いびきや呼吸が苦しく眠っているのに熟睡感がない方は高さを上げる方向で。

眠る時の姿勢が定まらずに寝付けない方は低反発素材で姿勢が安定するものに。

枕の温度が気になって安眠できない方は、季節によって枕や枕カバーを使い分けて。

繰り返しますが全ての人にとって最適な枕はありません。人それぞれです。自分の不眠の原因と照らし合わせて、自分だけの最適な枕を手に入れてください。

[…]

眠りやすくなる部屋の環境

毎日の習慣として「同じ部屋で同じように眠る」ことが生活パターンの安定に繋がります。自分では特に気になっていないつもりでも、不眠症が続く場合には家族と距離をとり一人で寝てみると改善される場合があります。自分の好きなインテリアや小物に囲まれて眠ることは幸せですが、一点だけ注意したいことがポスターや人形、ぬいぐるみなどの視線です。 […]

寒い冬にグッスリ眠り精神的な不調を防ぐ

就寝時には暖かいことがいいのですが、これが一晩中だと逆に寝苦しくなり中途覚醒や熟眠感の不足につながってしまいます。電気毛布や電気敷布、電気あんかなど暖房寝具の利用は気をつけて、できれば就寝時間までに布団を温めておいて布団に入る時にスイッチを切るようにすることをお勧めします。 […]

睡眠と衣服の関係

不眠症や睡眠の悩みをもっている方は、思い切って一晩一晩細かく気温や湿度に合わせて寝具と寝るときの衣服を取り替えてみてください。四肢のつけ根(肩、脇、股、お尻)がキツイと、眠りに入るまでに気になってしまい、入眠障害になることもあります。 […]

不眠症とコーヒー

あくまでカフェインを控えるのはリラックスするため。嗜好品としての側面を全否定して「眠れないならコーヒーを飲むな」では窮屈で余計に眠れなくなる場合もあります。眠りに繋がるのなら無理をして我慢する必要はありません。 […]

ダイエットと快眠の両立

ダイエットを行うということは体と心に何らかの我慢をしているということです。軽い運動でも間食の中止でも今までの生活よりも負担がかかっています。負担や我慢が大きすぎると生活自体が壊れてしまい、悪循環に陥ってしまいます。 […]

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.